旅にいざなう,

2015-10-10
第一阿房列車

旅にいざなう本:著者 内田百閒

何も用事がないけれど汽車に乗って旅に出る。観光もせず、熱燗をちびちびやりながら、同行者とたわいのない会話を繰り広げる。それだけなのに面白い。よりたくさんの観光地を見るために効率よく回らなければ・・・と考えていた時代に読んで衝撃と感銘を受けた本。移動するだけで「旅」になることを教えてくれる。

●Text by 久保浩志
●Profile 広島市在住。しおまち書房代表。本誌の編集者。

カテゴリー:旅にいざなう,